×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッシング ガイド!について

キャッシング ガイド!はキャッシングを安心して、お得に利用するためのガイドです。キャッシングについての基礎知識、キャッシング会社の選び方、金利の計算方法、良くある質問など様々な点から解説しています。キャッシングは賢く利用すればとても便利なサービスですが、ご利用は自己責任で計画的に行いましょう。

審査基準

審査基準は各キャッシング会社によって異なりますので一概には言えませんが、キャッシング会社が融資の不可と限度額を判断するのに参考にしていることがあります。


健康保険:  共済>組合保険>社会保険>国民健康保険>保険加入無し
共済は公務員が加入するもの、組合保険は大企業の社員、社会保険は中小企業の社員、国民保険は自営業者や非正社員など、健康保険の種類から加入者と収入の安定度が分かります。その他、勤務年数なども分かり、あなたに支払能力があるかどうかの重要な判断基準になります。


他社借り入れ件数
他社からの借り入れ件数はキャッシング会社にとって非常に重要です。トータルの借り入れ金額よりも、何社から借りているかの方が重視されます。3件までは大丈夫なキャッシング会社が多いですが、それ以上になると危険です。申し込むキャッシング会社を慎重に選ぶ必要がでてきます。


ブラックリスト
過去に3ヶ月以上返済が滞った場合「延滞」として、情報センターに5年間保管されます。「延滞」が付いている申し込み者は支払い能力が低い、または無いとみなされ審査に通らないでしょう。


電話番号
電話番号が無いと大きなマイナス評価になります。支払いが滞った時に連絡がつかない可能性があるからです。自宅などの固定電話回線の方が加入権の購入や、設置のために必ず住所が必要になるため、信用性が高いですが、最近は携帯電話だけでも大丈夫です。自分名義の固定電話と携帯の両方を持っているのが一番良いようです。


勤務先:  公務員>大企業>中小企業>自営>非正社員
公務員、大企業、中小企業の社員ならばまず職業が理由で落とされることは無いでしょう。年収が1000万円の自営業者より、年収500万円のサラリーマンの方が収入が安定しているという点で評価が高いようです。パートやアルバイトの場合限度額が低くなるキャッシング会社が多いですが、融資可能なところがほとんどです。


勤続年数: 10年以上>5年以上>1年以上>1年以下
1年以上あればまず大丈夫でしょう。どんなに給料が高くても、働き始めて3ヶ月では難しいです。


居住形態と居住年数
賃貸より持家の方が評価が高く、住居年数は長いほど信頼度が上がります。持家を捨てて夜逃げする確率は賃貸に比べて断然低いからです。


これらの情報は本人の申告を元に、身分証明書や情報センターなどで確認されます。電話や、住所、会社、の記載が事実かどうかも簡単に調べられますので、ウソを書いてもすぐにばれますから気をつけましょう。


copyright© キャッシング ガイド! All Rights Reserverd.

キャッシングのお得で安心な利用法ならキャッシング ガイド!におまかせ!